本を探す 横断検索 利用案内 行事案内 リンク集
図書館案内
基本方針
 福島県立図書館は、平成17年10月に策定した福島県立 図書館「学びの環境づくり」に基づいて、県民の生涯に わたる多様な学習活動に応えるため、資料及び情報の計 画的な収集を図るとともに、「図書館の図書館」として市 町村立図書館等との連携のもとに効果的な図書館活動の 展開に努め、県民文化の向上に寄与する。
  また、情報化時代に対応した図書館サービスの向上を 図るため、情報ネットワークシステム等を活用し、市町村立図書館等との連携を図り、県民に対する図書館サー ビスを充実する。
 さらに、「福島県子ども読書活動推進計画」(平成16年度~22年度)に基づき、前年度に引き続き計画実現のための事業を行う。
 
運営方針
1 協力事業の推進
(1) 県内図書館(公共図書館・大学図書館・高等学校図書館等)や類縁機関との連携を図り図書館活動を推進する。
(2) 市町村図書館等職員を対象に専門職員としての研修 の拡充を図る。
(3) 県内図書館間等の情報ネットワーク化を推進し、機能強化を図る。
(4) 協力車の巡回や連絡会議の開催により、県内図書館間等の連携協力の推進を図る。
(5) 図書館未設置町村への支援のため、移動図書館「あづま号」による定期的な巡回を行う。
(6) 市町村立図書館等の充実を図るため、支援貸出及び譲与を行う。
(7) 合併市町村に対する支援を行う。
 
2 資料情報提供サービスの充実
(1) 図書館資料情報の収集・整理・保存・提供。
各部門の基本図書・参考図書について、計画的に行う。
地域(郷土)資料については網羅的に収集する。
新刊児童図書を網羅的に収集する。
福島県関係特殊資料を収集する。
インターネットによる資料情報の提供を行う。
(2) 調査相談業務の充実
県民の調査研究の援助及び県内公共図書館等の調査相談の支援を行う。
本についてのデータ、内容の紹介などのパスフ ァインダー等を作成し利用者の便宜を図る。
研究調査の情報を提供する。
(3) 相互貸借の推進 
県内外図書館等との連携を密にし、積極的な相互貸借による資料の提供を行う。
 
3 利用環境の整備・拡充
(1) ユニバーサルデザインに配慮するなど県民が利用 しやすい仕組みづくりに努める。
  
4 子どもの読書活動の推進と支援
(1) 子どもの読書活動推進に係る研修を地域ごとに開催し、学校・家庭等において子ども読書活動推進に携わる人材の育成・スキルアップを図る。
(2) 子ども読書活動支援コーナー等を活用して、子ども読書活動推進に関する相談を受けるとともに、情報提供等に努める。
(3) 「おはなしかい」の開催や幼稚園・小・中・高校生 の「図書館見学」等において、子どもの読書習慣の形成を支援する。
 
5 情報発信活動の充実
(1) 図書館の利用促進を図るために県民参加の文化活動を実施する。
(2) ホームページによる情報提供の充実に努める。
(3) 各種広報資料を発行、本や図書館に関する情報を広める。
(4) 定期的に県立図書館の所蔵する貴重資料等を展示する。
 
6 大会等の開催
(1) 北日本図書館連盟児童・青少年サービス部門研究協議会を開催する。
過去資料(PDF)一覧へ