福島の児童文学者 24 鈴木 善太郎  

   (1883.1.19~1950.5.19)  小説家・劇作家、翻訳家。  福島県郡山市に生まれる。金透小学校を卒業後安積中学校(現安積高)に入学、東京海 城中学校に転校し、早稲田大学英文学科を卒業する。新聞記者を経て文筆活動に入る。大 正11年に欧米に遊学し、そこで出会ったハンガリーの作家フェレンツ=モルナールの紹 介に半生を傾けた。  代表作には、長編小説『山荘の人々』(T11)や短篇小説集『紙屋橋』(S23)など、翻訳作 品としてはモルナールの『リリオム』がある。 翻訳作品の一つに、カレル・チャペックの『R.U.R.』という作品がある。この中で、チャ ペックの造語である「人造人間」を意味する言葉の「robot(チェコ語で賦役を意味するrobota からaをとったもの)」を「ロボット」として日本に紹介したのが善太郎である。  戦争のため疎開した故郷 郡山に住み、郷土の文化振興に力を注いだ。  善太郎が童話を書き出したのは、大正期に入り35歳の頃からである。雑誌への掲載は 大正7年『赤い鳥』「お猿の剣術」(T7.9)が最初であろう。その後、大正13年までの間に 『金の船』『金の星』『少年倶楽部』などの児童雑誌に作品を発表している。歴史から題 材を取ったもの、グリム童話の翻訳もの、創作童話などバラエティーに富んでいる。  『少年倶楽部』(大日本雄弁会講談社)の「狂へる祖父」(T7.11)は、仙台市内に住む6歳の 男の子が、おぢいさんに連れられ、あわや人買いに売られそうになるという奇妙な旅の果 てに、福島で保護される話で、私小説風である。  これらの雑誌などに掲載していたものも含めて童話集『迷ひ子の家鴨(あひる)』(文泉 堂)が大正9年に出版された。身近に本当にありそうなお話や、独特の空想の世界を描いた 短篇などが収められているが、結末は必ずしもハッピーエンドにはなっていない。子供向 けの作品にも、善太郎の「社会を見る目」が反映されている。  また、大正10年には長編少女小説『たんぽゝの家』(創文社、後に松陽社 S2)が発行さ れた。両親を亡くした少女が、おばさんの家に引き取られ明るく健気に過ごすうち、閉ざさ れていたおばさんの心までも開いていくという話である。  児童劇の脚本としては「赤い家」(T13.1)や「旗日」(T13.7)を『金の星』に載せている。 「旗日」は『迷ひ子の家鴨』に「小さいお父さん」として発表した作品を脚本化したものであ る。内容は、姉弟の留守番中におきたユーモラスな話である。  翻訳作品では、モルナールの「外套」が『少年少女のための世界文学宝玉集 下』に収め られている。邦訳で4ページの短いものだが、味わい深い作品である。貧しく若い新聞記 者のプライドが、新調した外套への愛着をとおして描かれている。「われらが子供たちに 残し得る唯一の遺産は、正しい名誉である」という善太郎の信念が反映される作品といえ る。  日本の児童文学にとって大正期は、明治期のお伽噺時代からの変革期であった。善太郎 もまた、『迷ひ子の家鴨』のはしがきでこう述べている。  「この本の中に収めてある十五篇の小さな話は、お伽話ではありません。又少年小説、 少女小説といふ種類のものでもありません。そのどちらにも当てはまらない程自由な 形式で新時代の坊ちゃん、嬢ちゃん方の為めに、わたくしはこの小さな話を書きまし た。」                           【参考文献】                            『郡山・文学のしおり』                            『日本児童文学史の展開』                            『街・こおりやま』                            『日本児童文学大事典』 他            〈振興課:佐藤加与子〉